フィギュアマスター963
模型やアクションフィギュアを好きなように語る
1/12 scale SCOPEDOG (THREEZERO)
海外メーカー“スリーゼロ”から1/12スケールのスコープドッグが登場です。


セット内容はスコープドッグ本体、ヘビィマシンガン、パイロット。
000ScDg(2).jpg

スコープドッグ。
バランスの良い、イメージ通りのスタイルです。
000ScDg(3).jpg

造形も素晴らしいですが塗装も凝っていて、汚れや塗装剥がれなどの表現が凄い。
000ScDg(4).jpg

使い込まれた感じが出ています。
腿には装甲板が当たった傷がある。
000ScDg(5).jpg

足元は砂埃を浴びた表現。
000ScDg(6).jpg

マーキングは最初からプリントしてあります。
000ScDg(7).jpg

背面。
腰の装甲板にも砂埃。
000ScDg(8).jpg

足元。
000ScDg(10).jpg


背中にはミッションパック取り付け用のフック。
000ScDg(9).jpg

背中の外装は2箇所、着脱可能。
000ScDg(42).jpg

ターレット・レンズは回転とスイング可能。
000ScDg(13).jpg

バイザー開閉可能。
000ScDg(14).jpg

ATパイロット。
ヘルメットの中の素顔パーツは付属しないので、キリコというより「ボトムズ乗り」です。
000ScDg(15).jpg
000ScDg(17).jpg

1/12スケールでフル可動フィギュアに布製のパイロットスーツを着せてあります。
スーツの素材は布にコーティングされた生地なので経年劣化が心配です。
000ScDg(22).jpg

やまと製のキリコは1/12なのに実質は約1/15くらいの身長だったけど(右)・・・
000ScDg(45).jpg

このパイロットは一般の1/12サイズのフィギュアと同じ身長なので大丈夫です。
000ScDg(46).jpg

多様なハンドパーツとアーマー・マグナムが付属。
000ScDg(20).jpg

アーマー・マグナムはグリップが前になるようにホルスターへ収めます。
(取り扱い説明書には反対向きの写真が載っています。)
000ScDg(16).jpg

よく動くのでポーズもキマります。
000ScDg(18).jpg
000ScDg(19).jpg
000ScDg(21).jpg

パイロットを搭乗させましょう。
でもこれでは高いので・・・
000ScDg(23).jpg

ダウンフォーム。
000ScDg(26).jpg

綺麗な降着姿勢です。
000ScDg(24).jpg
000ScDg(25).jpg

ハッチオープン。
000ScDg(27).jpg

搭乗!
000ScDg(28).jpg
000ScDg(29).jpg
000ScDg(30).jpg
000ScDg(31).jpg

ヘビィマシンガンはマガジンやショートバレル、
フィギュアオリジナルのストラップも付属します。
000ScDg(11).jpg

ヘビィマシンガンは全関節可動の手でしっかりホールド。
セレクタースイッチ可動、ストック着脱可能、トリガーにはスプリング内臓で引くことが出来ます。
000ScDg(33).jpg

ヘビィマシンガン装備。
000ScDg(32).jpg

肩はバンダイの1/20モデルのようにスイングするので両手持ちも可能。
000ScDg(34).jpg
000ScDg(35).jpg
000ScDg(36).jpg

ヘビィマシンガンを組み換えてショートバレルに。
tzsdtk(1).jpg
tzsdtk(2).jpg
tzsdtk(3).jpg

tzsdtk(4).jpg


このフィギュアのオリジナルであるストラップを装着。
000ScDg(43).jpg

これはこれで面白い装備です。
000ScDg(44).jpg

スコープドッグ本体のギミックも満載!
腰アーマーにあるマガジンはアームパンチ用で個別に着脱可能。
000ScDg(38).jpg

前腕にある穴に挿して排莢アクションが可能。
マガジンを奥まで挿し込んでスイッチを押せば勢い良く排出されます。
tzsdtk(5).jpg
tzsdtk(6).jpg
tzsdtk(7).jpg

アームパンチは手動で伸縮。
000ScDg(39).jpg

腰アーマーにあるマガジンはヘビィマシンガンのマガジンに換装可能。
000ScDg(40).jpg

爪先を起こすとグライディング・ホイールが出現し、回転可能。
ターンピックも可動。
000ScDg(41).jpg

これは大迫力なうえに遊べる! ボトムズ好きにはお勧めです♪。
000ScDg(47).jpg

tzsdtk(8).jpg
スポンサーサイト

テーマ:TOY - ジャンル:サブカル

AT Chronicles I  クメンの砲火 (アクティックギア)
装甲騎兵ボトムズの1/48アクションモデル“アクティック・ギア”が8年ぶりに復活!
第1弾は「クメンの砲火」と題された3機セットです。


ストライクドッグ。
PS専用H級ATで、他の機体より一回り大きい。
8年前、発売を期待されながらもシリーズはストップしたため、このセットを買う人は間違いなくこれが目当てでしょう。
kHOUKA(10).jpg
kHOUKA(11).jpg

ミッションパックは着脱可能。
ソリッドシューターが付属。
kHOUKA(16).jpg

ソリッドシューターを装備。
kHOUKA(6).jpg
kHOUKA(7).jpg

アイアンクロー可動、その中の11mm機関砲も再現されています。
kHOUKA(8).jpg

アームパンチ。
kHOUKA(9).jpg

ダウンフォーム。
kHOUKA(12).jpg
kHOUKA(13).jpg
kHOUKA(14).jpg

コクピットにはイプシロンのフィギュアが搭乗。
kHOUKA(15).jpg

カッコいいぞ♪
kHOUKA(17).jpg

マーシィドッグ。
これは過去に単品売りセット売りジオラマ売りが出ているので4体目になります。
8年ぶりの復活なので今から買う人には嬉しいかもだけど、
ずっと集めている人には「ストライクドッグの単品売りもあればよかったのに」と思わせます。
kHOUKA(18).jpg
kHOUKA(19).jpg

湿地戦仕様に換装出来ます。
kHOUKA(20).jpg

ダウンフォーム。
コクピットにはキリコのフィギュアが搭乗。
kHOUKA(21).jpg
その他、バイザーの開閉やターレットの回転やスライド、アームパンチなどが再現可能。
手のひらサイズで精密、かつ劇中のギミックをほとんど再現出来る仕様は素晴らしいです。

ベルゼルガ。
こちらも過去に単品売りセット売りがあったので3体目になります。
kHOUKA(22).jpg
(あ!アサルトライフルのマガジンの取り付け向きを間違ってる・・・・ま、いっか。)
kHOUKA(23).jpg

パイルバンカー可動。
kHOUKA(24).jpg

ダウンフォーム。
コクピットにはル・シャッコのフィギュアが搭乗。
kHOUKA(25).jpg
他に、スワンピー・クラッグ展開、グライディングホイールを展開状態に換装、ミッションパックにもマガジン取り付け可能。

ファイリング・カードが付属。
kHOUKA(27).jpg

これ1箱で早速、戦わせて遊べるのは良いね♪。
kHOUKA(26).jpg
・・・やっぱベルゼルガのマガジンが気になる(笑)。

そんなわけでマガジンの向きを直した写真を追加します。
この向きが正しい。
necLEO1m(24).jpg
んん~カッコいい。

テーマ:TOY - ジャンル:サブカル

白糸酒造 清酒 “装甲騎兵 最低野郎”
京都の白石酒造と装甲騎兵ボトムズのコラボ日本酒 “最低野郎” です。
最低野郎酒(2)

緑色の風呂敷を解くと瓶が出現。
これは300ml瓶ですが、他のサイズもあります。
最低野郎酒(3)

そして、この酒を飲むにはボトムズ盃も用意しましょう。
最低野郎酒(4)

ターレット・レンズに見立てた3個セットです。
最低野郎酒(5)

良いですねぇ♪。
ちなみに赤い梅酒 “赤肩(レッドショルダー)” なんてのも売っていました。
最低野郎酒(1)

1/20スコープドッグと記念撮影。
最低野郎酒(6)

テーマ:これはいいですw - ジャンル:サブカル

スコープドッグ ターボカスタム サンサ戦仕様 キリコ機 (D-STYLE) 
コトブキヤのプラキット“デフォルメスタイル”。
「装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ」より、
スコープドッグ ターボカスタム サンサ戦仕様 キリコ機です。


多色成型とクリアパーツの使用で、組み立てるだけでも劇中イメージに近い仕上がりになりますが、
今回は成型色を活かし必要最小限の追加塗装と汚し塗装を施して完成させました。
DstcSCp(2).jpg

カメラはシルバーで塗装。
汚し塗装はリアルタッチマーカーのブラウンを使用。
DstcSCp(3).jpg

ヘビィマシンガンのバレルもシルバーで塗装。
選択式の右腕は半壊状態を選択。
DstcSCp(4).jpg

ミッションパックはディテール的にも塗り分け塗装すると引き締まる感じになります。
踵のローラーもグレーで塗装。
DstcSCp(5).jpg

ターレット・レンズ回転と左右スライドが可能。
DstcSCp(6).jpg

バイザー開閉で中にパイロットの顔が見えます。
DstcSCp(7).jpg

コックピット開閉。
パイロットのフィギュアは肌色一色成型なので塗装は必須!
首と両肩は可動。座席はブラウンで塗装し、コックピット内部も汚し塗装。
DstcSCp(8).jpg

パイロットのヘルメットはキリコのヘッドと差し替え式。
可愛いキリコですな(笑)。
DstcSCp(9).jpg

アームパンチ機構を再現。
DstcSCp(10).jpg

ターンピック突出機構も再現。
DstcSCp(11).jpg

ふくらはぎのカバーを開き、ジェットローラーダッシュのパーツを取り付け可能。
DstcSCp(12).jpg

ダウンフォームに変形可能。
なんだか無理のある降着ポーズですが・・・(笑)。
DstcSCp(14).jpg
DstcSCp(15).jpg

以上、可愛いカッコいいスコープドッグでした。
DstcSCp(13).jpg
サイズはアンテナ抜きで約8cm。おすすめです!。

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

スコープドッグ (マーキング仕様アクティックギアNEXT) 
アクティックギア・ネクスト第3弾。
ノーマルなスコープドッグのマーキング仕様です。
今回はコンパチではなく組み立てパーツも少なめでシンプルなのがいい。


ラウンドムーバー装備。
agnexmarksdg2.jpg

もちろんシートやパイロットも塗装されています。
agnexmarksdg3.jpg

バーグラリー換装版(左)と比較。
agnexmarksdg4.jpg

ダウンフォーム。
マーキング版(右)は何故か脚の内部フレームが塗装されていない・・・。
agnexmarksdg5.jpg

25周年マーキングAG(左)と比較。
かなりグレードアップしているけど、
ネクスト(右)は膝アーマーのマーキングが合っていない。
なんでじゃろ?
agnexmarksdg6.jpg

テーマ:TOY - ジャンル:サブカル