フィギュアマスター963
模型やアクションフィギュアを好きなように語る
BATMAN AND PHANTASM (DC Collectible)
バットマン アニメイテッド ムービー 「マスク・オブ・ザ・ファンタズム」より。
バットマンとファンタズムのセットがDCコレクティブルから登場です。


バットマン。
このアニメイテッド・シリーズは当時、ケナーのフィギュアを片っ端から集めました。
今回のフィギュアはアニメのスタイルそのままに可動も多く、遊べる仕様になっています。
MoPbatDCC(3).jpg
MoPbatDCC(4).jpg

多彩なポーズを楽しめます。
MoPbatDCC(5).jpg

バットラングも付属。
MoPbatDCC(6).jpg

この後も何度かアニメ化されているけど、このデザインが好みです。
MoPbatDCC(7).jpg

ファンタズム。
劇中通りのマッチョ体型を再現。これでは正体がまさかあの人だとはわかりません。
当時のフィギュアも持っていましたが変身ギミック付きだったため映画を観る前から正体ばればれ(笑)。
今回のフィギュアに変身ギミックはありません。
MoPbatDCC(8).jpg
MoPbatDCC(9).jpg

こちらも見た目以上に動きます。
フードからマントにかけて軟質素材なので可動を邪魔しないのです。
MoPbatDCC(10).jpg
MoPbatDCC(11).jpg

フードの中で顔の角度は動かせます。
MoPbatDCC(12).jpg

こういうセットは開封してすぐに戦わせて遊べるのが良いね。
MoPbatDCC(13).jpg

最近の日本の可動フィギュアのようなスタンドが付属。
台の部分がアニメの動画用紙のデザインになっているのが面白い。
MoPbatDCC(2).jpg

スタンドを使えば不安定なポーズでも飾れます。
MoPbatDCC(14).jpg
これを乗せるバットモービルも出ているんだとか・・・。
スポンサーサイト

テーマ:TOY - ジャンル:サブカル

BATMAN RETURNS CATWOMAN (NECA 1/4)
ティム・バートン監督の映画「バットマン・リターンズ」より。
ミシェル・ファイファーが演じるキャットウーマンの1/4スケール・アクションフィギュアです。


凝ったパッケージも良い感じです。
ncCATw(002).jpg
ncCATw(003).jpg

パッケージ内にはマスクから髪が出ている状態のヘッドで入っています。
ncCATw(004).jpg
ncCATw(005).jpg

顔。
塗装は単調な感じですが、よく似ています。
ドールヘアで再現された髪やスーツの解れた糸など、ビッグスケールならではの再現度。
ncCATw(006).jpg
ncCATw(007).jpg
ncCATw(008).jpg
ncCATw(010).jpg
ncCATw(009).jpg

スーツのディテールも凄いですが塗装によって素材の違いを表現してあります。
ncCATw(011).jpg

レザーとエナメルの違いがよくわかります。
ncCATw(012).jpg

ハンドパーツは左右とも2種類ずつ。
ncCATw(013).jpg

これ、1/4スケールだからこそ出来たのではないかと思うゴチャゴチャした爪です。
ncCATw(014).jpg

ベンダブルのブルウィップとスタンガンも付属。
ちなみに映画でキャットウーマンが使っていたブルウィップはインディ・ジョーンズと同じデイヴィッド・モーガン製。
ncCATw(015).jpg

ヒールの足でも安定して立たせるためのスタンドと
表情の異なるヘッドパーツ(左)。
ncCATw(016).jpg

多彩なポーズを楽しめます。
ncCATw(017).jpg

やはり鞭を振るポーズがカッコいいね♪。
ncCATw(018).jpg

クライマックスのスタンガン。
ncCATw(019).jpg

通常マスクのヘッドに交換。
ncCATw(020).jpg

無表情ですが、ちゃんと顔パーツにマスクパーツを被せてあって奥行きのある造形です。
ncCATw(021).jpg
ncCATw(022).jpg
ncCATw(023).jpg
ncCATw(024).jpg

やはり鞭を持たせるとキマります♪。
ncCATw(025).jpg

ncCATw(027).jpg

ncCATw(028).jpg

いいケツしとるな(笑)。
ncCATw(029).jpg

以上。
ミシェル・ファイファーのキャットウーマンでした。
ncCATw(030).jpg

テーマ:TOY - ジャンル:サブカル

JADA TOYS [METALS DIE CAST] BATMOBILE
JADA TOYSのメタル・ダイキャスト・シリーズ。
1989年版バットモービルです。

JADAsBM(2).jpg

ダイキャストボディがズッシリ重い!
サイズは約12cmくらいです。バットモービルの全長は約6.7mなので、
スケール的には約1/55くらいという事になります。
JADAsBM(3).jpg

今回はギミック一切無し。タイヤ回転のみで転がし走行が楽しめます。
JADAsBM(4).jpg
JADAsBM(5).jpg
JADAsBM(6).jpg
JADAsBM(7).jpg
JADAsBM(8).jpg

全体的なフォルムは素晴らしいです。
マット仕上げの塗装も良い感じ。
JADAsBM(9).jpg

同社の22cmサイズと一緒に。
JADAsBM(10).jpg
やっぱこの1989バットモービルは美しい♪。
JADA TOYS [METALS DIE CAST] BATMOBILE & BATMAN
JADA TOYSのメタル・ダイキャスト・シリーズ。
1989年版バットモービルにバットマンのメタルフィギュアが付属するセットです。
metaMOBI大(001)

ダイキャストボディがズッシリ重い!
サイズは通常の1/24スケールのミニカーに近い22cmくらいですが、バットモービルの全長は約6.7mなので、
スケール的には約1/30くらいという事になります。
metaMOBI大(002)
metaMOBI大(003)
metaMOBI大(004)
metaMOBI大(005)

色々とギミックも用意されていて、後部にあるジェットの上が開閉出来たりします。
metaMOBI大(008)
metaMOBI大(009)

ジェット噴射口の内部もしっかり作られています。
テールランプがクリアパーツじゃなかったりしますが・・・
metaMOBI大(007)

正面にあるヘッドライトもクリアパーツじゃなく、発色の良いオレンジ色になっています。
metaMOBI大(006)

マシンガンは回転ギミックで出現。
metaMOBI大(010)
metaMOBI大(011)

運転席キャノピーはスライドして開閉可能。
内部も再現されています。
metaMOBI大(012)
metaMOBI大(9)

付属のバットマンはダイキャストボディ。頭部からマントまでは塩ビ製です。
metaMOBI大(014)
metaMOBI大(015)
metaMOBI大(016)

このバットマンは約1/25スケールなので、約1/30スケールのバットモービルにはデカいです(笑)。
metaMOBI大(013)

バットモービルの美しいフォルムは再現されているので飾ってカッコいいです♪
metaMOBI大(017)

テーマ:おもちゃ - ジャンル:サブカル

BATMOBILE 1989 (HotWHeels)
マテルのホットウィール、ゴムタイヤ・シリーズ。
ティム・バートン監督の映画バットマンに登場するバットモービルです。


完全ツヤ消し仕上げのボディがシブい。
hwBTMh(3).jpg
hwBTMh(4).jpg

形状は先に発売されたバットマン・リターンズ版と同じですが塗装のツヤが異なります。
hwBTMh(2).jpg

最初に出たプラスチックタイヤ版(テカテカの上)からリターンズ版(半ツヤの中)、映画1作目版(ツヤ無しの下)。
発売される度にツヤが無くなっていきます。
hwBTMh(5).jpg

テーマ:おもちゃ - ジャンル:サブカル