フィギュアマスター963
模型やアクションフィギュアを好きなように語る
週刊スターウォーズ/ミレニアム・ファルコン 72
デアゴスティーニの週刊スターウォーズ ミレニアム・ファルコン!
スターウォーズ/エピソード5「帝国の逆襲」の撮影に使われた模型の1/1レプリカが完成するという。
今回は5月23日発売の第72号です。
ファルコン072(1)

冊子とパーツと梱包用ダンボール。
ファルコン072(2)

薄っぺらい冊子にはまたCGアニメキャラ・・・いらんわ(笑)。
ファルコン072(3)

ファルコンのレクテナ(パラボラアンテナのようなもの)の解説も載っています。
ファルコン072(4)

今号のパーツ。
レクテナのパーツと、いよいよ次号からクチバシ部分に取り掛かるらしく
金属フレームとクチバシ部分の組み立てジグが同梱されています。
ファルコン072(5)

このレクテナ、可動部分があるしディテールは左右非対称。
説明書には何度も「向きを確認しながら」と書かれています。
ファルコン072(7)
ファルコン072(8)
ファルコン072(9)
ファルコン072(10)

えっ!? これ向き反対じゃね?

ファルコン072(11)

こっちが正解だろ。
ファルコン072(13)

本物プロップは、こうなってます。
ファルコン072(6)

これでよし。
ファルコン072(12)
スポンサーサイト

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

ぐでたま(ごろごろ) Figuarts ZERO
バンダイのフィギュアーツ・ゼロに「ぐでたま」登場。
これは“ごろごろ”バージョンです。


よく見る基本形ぐでたまです。
faOgude(8).jpg
faOgude(9).jpg

ベーコン布団を乗せられます。
faOgude(10).jpg

白身とベーコンは別パーツなので好きに配置出来ます。
faOgude(11).jpg

食玩やガチャガチャでも定番のポーズ。
これぞ“ぐでたま”です♪。
faOgude(12).jpg

テーマ:おもちゃ - ジャンル:サブカル

ぐでたま(おすわり) Figuarts ZERO
バンダイのフィギュアーツ・ゼロに「ぐでたま」登場。
これは“おすわり”バージョンです。


たまご。
faOgude(1).jpg

パカッと割ると、ぐでたまが入っています。
faOgude(2).jpg

殻の底には白身も入っています。
faOgude(3).jpg
faOgude(4).jpg

ぐでたま(黄身)本体。・・・まるいぞ♪
faOgude(6).jpg
faOgude(7).jpg

オプションパーツを使えば殻を頭に被せることも出来ます。
faOgude(5).jpg

テーマ:おもちゃ - ジャンル:サブカル

週刊スターウォーズ/ミレニアム・ファルコン 71
デアゴスティーニの週刊スターウォーズ ミレニアム・ファルコン!
スターウォーズ/エピソード5「帝国の逆襲」の撮影に使われた模型の1/1レプリカが完成するという。
今回は5月16日発売の第71号です。
ファルコン071(1)

冊子とパーツと梱包用ダンボール。
なんだか見覚えがあると思ったら創刊号と同じ写真の表紙ですな。
ファルコン071(2)

薄っぺらい冊子にはスターウォーズの設定や情報が満載です。
ファルコン071(3)
ファルコン071(4)

今号のパーツは外殻プレートとディテールパーツ。
ファルコン071(5)

まずは前号で組み立てたノーズパーツとディテールパーツにマグネットを接着。
ファルコン071(6)

ここに取り付けます。ここは着脱可能です。
ファルコン071(7)

それを今号の外殻プレートとビス止めします。
ファルコン071(8)
ファルコン071(9)

その裏側にマグネットとディテールパーツを貼ります。
ファルコン071(10)

ディテールパーツをごちゃごちゃ貼り付けます。
ファルコン071(11)

マグネットを受けるスチールを埋め込みます。
ファルコン071(12)

これでカバーが着脱可能になります。
完成したら、ここを外して主船倉を見ることが出来ます
ファルコン071(13)

そしてやっと天面の円盤が埋まりました。
ファルコン071(14)
次号も楽しみです♪

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

GACHA-NENN 改 K.I.S.S.
Ma・k(マシーネンクリーガー)のカプセルトイ“ガチャーネン”
先日は普通に組み立てて紹介しましたが、今回は少しカスタムしました。


まず、脚にあったデカい肉抜き穴をエポキシパテで埋め、
全体的に目立つパーティング・ラインを処理しました。
MakKISSv(2).jpg
MakKISSv(3).jpg

足首と左腕にあるチューブを追加作成して全体を塗装しました。
MakKISSv(6).jpg
MakKISSv(5).jpg
MakKISSv(4).jpg

塗装は全体を黒一色にした後でクロームシルバーをドライブラシして磨きました。
金属っぽさを出すため所々にリアルタッチマーカーのブラウンで錆び表現を入れています。
パイロットはKISSファンという設定(笑)。
パソコンでKISSデカールを作って貼り付けました。
MakKISSv(7).jpg
MakKISSv(8).jpg

普通に組んだもの(左)と比較。
MakKISSv(9).jpg
MakKISSv(10).jpg
シルバーのギラギラした感じが良い雰囲気です。

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

週刊スターウォーズ/ミレニアム・ファルコン 70
デアゴスティーニの週刊スターウォーズ ミレニアム・ファルコン!
スターウォーズ/エピソード5「帝国の逆襲」の撮影に使われた模型の1/1レプリカが完成するという。
今回は5月9日発売の第70号です。
ファルコン070(1)

今号はパーツが大きいため梱包用ダンボールが冊子よりも大きくなっています。
ファルコン070(2)

薄っぺらい冊子にはスターウォーズの情報が満載です。
ファルコン070(4)
ファルコン070(5)

今号のパーツは巨大な外殻プレートと、そのディテールパーツ。
左のプレートに右のランナーパーツを貼り付けていきます。
ファルコン070(6)

矢印の位置にあるパーツが貼り付けたパーツです。
ファルコン070(9)
ファルコン070(10)
ファルコン070(11)
たくさん貼り付けました。

そして出来たのが、これです。
追加塗装もしました。
ファルコン070(8)
ファルコン070(7)

本体に仮組みします。
ファルコン070(12)
ファルコン070(13)
ファルコン070(14)

次号で天面の円形プレートは完成しそうです。
ファルコン070(3)

天面、底面、内部、現在こんな状態です。
ファルコン070(15)
完成まで、あと30週間だ!。

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

メタコレ ダース・ベイダー(ローグ・ワン)ガンメタルVer.
スターウォーズのメタコレ限定版。
ダース・ベイダー(ローグ・ワン)のガンメタル版です。


まず、当然ですが4/28に発売された「ローグ・ワン」のブルーレイを買いました。
R1BR(1).jpg

初回限定はK-2SOのスリーブが付いていて良いですねぇ♪。
R1BR(2).jpg

その中に本来のパッケージが入っています。
R1BR(3).jpg

パッケージの中には色々と広告も入っていたのですが・・・
ソフトバンクの「スターウォーズモバイル(スマートフォン)」の広告も。
それを買うと「プレミアム・フィギュア・コレクション」が付いてくるという(!)。

メタコレの限定版のためにスマホを機種変するわけにもいかないのでヤフオクをチェックしてみると、
このフィギュアが多数出品されていました(笑)。なので安価でゲット出来ました。

これがその「プレミアム・フィギュア・コレクション」。
ちなみにパッケージには白いボックスもあるようですが中身は同じです。
ROpfBX(1).jpg

ローグ・ワンの登場キャラクター5種類をセットにしてありますが、ベイダー以外は市販品と同じ物です。
ROpfBX(2).jpg

ダース・ベイダー(ローグ・ワン)ガンメタルVer.。
通常版のときも書いたけど、これは普通のベイダーでローグ・ワン仕様ではありません。
ROpfBX(4).jpg
ROpfBX(5).jpg

ケープは着脱可能。
ROpfBX(6).jpg
ROpfBX(7).jpg

このガンメタル版が限定仕様なのですが、コレクター以外は無用でしょうな。
きっちり塗装されているほうがカッコいいです。
ROpfBX(8).jpg

セット自体は豪華で良い感じです。
ベイダー以外は持っているけどトルーパーはダブってもOKだしK-2SOは個人的に好きなのでOKです(笑)。
ROpfBX(9).jpg

これでスターウォーズのメタコレは限定版を含め現時点でのコンプリートです。
ROpfBX(11).jpg

テーマ:おもちゃ - ジャンル:サブカル

35 GACHA-NEN
「Ma.K」(マシーネンクリーガー)のカプセルトイが登場!
通称“35ガチャーネン”。第1弾は3種類がラインナップです。
ガチャーネン

カプセルトイと言っても、1/35スケールのプラモデルです。
カプセルに収まるように円形ランナーになっていて、
成型色は4種(ピンク、ダークイエロー、クリア、フィールドグレー)あり、
これはフィールドグレーのSNAKE-EYEです。
ガチャーネン(1)

海洋堂だけにしっかりと精密な模型です。
デカールは6種類ありランダムに同梱されています。
ガチャーネン(2)

「SNAKE-EYE」
フィールドグレーを残したまま汚し塗装とデカールだけで仕上げました。
本来ならチューブやアンテナを追加したり脚の肉抜き穴を埋めたりして
Ma.Kを本格的に組むのも楽しいと思います。
ガチャーネン(16)
ガチャーネン(9)
ガチャーネン(10)
ガチャーネン(11)
ガチャーネン(15)

「A.F.S.Mk I 」
ダークイエローを残したまま汚し塗装とデカールで仕上げました。
ヘルメットはクリアパーツなのでガラス部分を残して塗装。
ガチャーネン(4)
ガチャーネン(5)
ガチャーネン(6)
ガチャーネン(7)

顔はヘルメットから中の人が見える仕様です。
ガチャーネン(8)
ガチャーネン(3)
ガチャーネン(12)

「S.A.F.S.」
いちばん欲しかったS.A.F.S.ですが、なんとピンクが当たりました。
せっかくなのでデカールだけ貼って可愛いく仕上げました。
ガチャーネン(17)
ガチャーネン(18)
ガチャーネン(19)
ガチャーネン(20)
ガチャーネン(21)

非常に良く出来ていますが1/35スケールなので、こんなに小さいのです。
ガチャーネン(22)

1/6のS.A.F.S.と比較すると可愛いものです♪。
ガチャーネン(13)
ガチャーネン(14)

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

レイ (MEDICOMTOY MAFEX)
メディコムトイのアクションフィギュア“MAFEX”スターウォーズ・シリーズ。
「エピソード7/フォースの覚醒」より、レイが登場です。


レイ。
サイズは約6インチ。ジャクーでの衣装です。
Edoneko(02).jpg
Edoneko(03).jpg

顔。
パッケージの試作品より良くなり、けっこう似ています。
Edoneko(04).jpg
Edoneko(05).jpg
Edoneko(06).jpg

付属品多数でプレイバリュー豊富。
まずは基本武器であるクォーター・スタッフ。
ストラップが革っぽい布で出来ているので柔軟です。
Edoneko(07).jpg

スクラップ・サルベージの装備。
マスク、リュック、手袋があります。
Edoneko(08).jpg

交換用ハンドパーツ、ヘルメット、ブラスター、ライトセイバー。
Edoneko(09).jpg

フィギュアスタンド。
Edoneko(10)_20170505080122d83.jpg

クォーター・スタッフを持ってポーズ。
Edoneko(11).jpg
Edoneko(12).jpg
Edoneko(13).jpg

スクラップ・サルベージの装備に換装。
Edoneko(14).jpg
Edoneko(15).jpg
肩に袈裟がけする帯が無いけど雰囲気は出ています。

リュックなどの小物がよく出来ています。
Edoneko(16).jpg
Edoneko(17).jpg
Edoneko(18).jpg

ヘルメットは左右に分割されていて被せる事が出来ます。
Edoneko(19).jpg

ブラスターを構える。
Edoneko(20).jpg
Edoneko(21).jpg

ライトセイバーを構える。
ライトセイバーの光刃は着脱可能です。
Edoneko(22).jpg
Edoneko(23).jpg

以上、メディコムトイ・マフェックスのレイでした。
Edoneko(24).jpg
マフェックスは初めて買いましたが、なかなか良い感じです。
ダース・ベイダーも買ってみようかな~

テーマ:TOY - ジャンル:サブカル

猫に小判
ゴールデンウィークです。
京都文化博物館で開催されている「いつだって猫展」に行ってきました。
江戸時代に描かれた猫に関する浮世絵や招き猫の焼き物などが展示されている催しです。


こういった展覧会では出口に図録や関連グッズの売り場がありますが、やはり立体物に目がいきます。
そして見つけたのがこれ。江戸猫オーナメントという商品です。
Edoneko(01).jpg

ラインナップは4種類あります。
Edoneko(8).jpg
「猫舌」、「猫に小判」、「猫の尻に才槌」、「猫を叱るより猫を囲え」です。

これらは浮世絵をモデルにしてあります。
Edoneko(10).jpg

その中で、わかりやすい感じなので「猫に小判」を購入。
Edoneko(2).jpg
Edoneko(3).jpg
Edoneko(4).jpg
Edoneko(5).jpg
Edoneko(6).jpg
Edoneko(7).jpg
あまり可愛いくはないけど、こういう展覧会に行った記念品には良いね。

テーマ:これはいいですw - ジャンル:サブカル

オビ=ワン・ケノービ [Episode 1] (S.H.Figuarts)
バンダイのアクションフィギュア“S.H.フィギュアーツ”スターウォーズ・シリーズ。
「エピソード1/ファントム・メナス」より、若い頃のオビ=ワン・ケノービです。


オビ=ワン・ケノービ。
クワイ・ガン・ジンのパダワンだった頃のオビです。
obi1sh(2).jpg
obi1sh(3).jpg

デジタル彩色による顔。
演じるユアン・マクレガーそっくりです。
obi1sh(4).jpg

表情違いのヘッドパーツに差し替え可能。
こちらもよく似ています。
obi1sh(5).jpg

さまざまなポーズのハンドパーツとライトセイバー2本が付属。
obi1sh(6).jpg

ライトセイバーを持たせてポーズ。
obi1sh(9).jpg
obi1sh(8).jpg
obi1sh(7).jpg

では早速、こいつと戦わせてみましょう。
obi1sh(11).jpg

もう1本のライトセイバーはクワイ・ガン・ジンのセイバーです。
これでラストバトルを再現出来ます!。
obi1sh(10).jpg
8月にはクワイ・ガン・ジンも発売されるので3人で対決させるぞ~♪

テーマ:TOY - ジャンル:サブカル

チューバッカ (S.H.Figuarts)
バンダイのアクションフィギュア“S.H.フィギュアーツ”スターウォーズ・シリーズ。
「エピソード4/新たなる希望」より、チューバッカが登場です。


チューバッカ。
可動フィギュアでありながら造形も秀逸で塗装も凝っています。
shfCBC(18).jpg
shfCBC(01).jpg
shfCBC(2).jpg

可動域が広いので片膝を着くポーズも可能。
shfCBC(17).jpg

デジタル彩色で瞳の塗装は勿論、毛並みの流れも再現してあります。
shfCBC(9).jpg

交換用表情パーツで叫び顔に出来ます。
shfCBC(8).jpg

表情を変えることでポーズの幅が広がります。
shfCBC(7).jpg

交換用ハンドパーツは握り、開きが左右と、
ボウ・キャスター持ち手。持ち手はボウ・キャスターにくっついています。
shfCBC(6).jpg

ボウ・キャスター。
shfCBC(11).jpg
shfCBC(10).jpg
shfCBC(12).jpg
shfCBC(14).jpg

ハン・ソロと一緒にポーズ。
shfCBC(13).jpg
shfCBC(16).jpg
shfCBC(15).jpg
カッコいいねぇ♪
以上、S.H.フィギュアーツのチューバッカでした。
レイアとオビワンは出るのだろうか? エピソード4の主役陣は出してほしいな~

テーマ:TOY - ジャンル:サブカル