FC2ブログ
フィギュアマスター963
模型やアクションフィギュアを好きなように語る
ROBOCOP (MOVIE MASTERPIECE)
ホット・トイズの1:6スケール・アクション・フィギュア、
ムービー・マスターピース・シリーズにロボコップ登場。
シャープな造形と美麗な塗装で、
現在最もかっこいいロボコップと言って過言ではない逸品。


背面。
ビス穴など一切無い見事なディテール。
htrobobacks.jpg

プラスチック製のカウル、黒い関節や腹の部分には軟質ソフビでカバーされ、
外観を損なう事無く、これまでのロボフィギュアでは不可能だった上体反らしや、
前かがみ姿勢も可能になっています。
これは標準の平手パーツをつけたもの。
htrobofhands.jpg

オプションの拳パーツ。
首及び肩や股、手首や足首にはボールジョイントを採用。
htroboghands.jpg

オプションでコンピュータ・アクセス用ニードル・プラグも付属。
足首シリンダは伸縮可動、爪先も可動。
ヘルメットは外れないものの、ちゃんと中にはマーフィーの顔を造形してあり、
目のスリットはクリア素材になっています。
htrobopickups.jpg

そしてこのロボ最大のギミック!
右腿内のホルスター展開が映画と全く同じパターンで再現出来ます。
カバー展開と連動してホルスターもせり出してきます。
劇中では大袈裟に見せるため、前カバーがかなり飛び出していますが、
実際には膝パーツと干渉するのでこれが限度のようです。
htroboholsteractions.jpg

うーん、かっこいい。
htroboopengpa.jpg

映画公開当時はこんな凄い物が出るなんて想像も出来なかったね。
htoyrobogimks.jpg

下から覗くと目も見えます。
htrobfacedwn.jpg

可動範囲は広くはないのですが、
ディスプレイ用スタンドで無理なポーズのまま飾れます。
htrobowbasewalkin.jpg

価格は18900円とクソ高いですが、この出来なら納得&満足です。
htrobowbase.jpg

ロボコップは20回以上は観ている大好きな映画ですから。
スポンサーサイト

テーマ:TOY - ジャンル:サブカル

コメント
この記事へのコメント
わー、これかっこいい!
シロートでも感心してしまいます。
2006/10/07(土) 17:07:32 | URL | カピバラ花子 #-[ 編集]
カピバラ花子さん
「シロートでも」って(笑)・・・。
まあ、そうなんですが、
いままで色んなロボコップを手にしてみたけど、これは本当に凄いんですよ。
高いだけの事はあります。
2006/10/07(土) 18:57:28 | URL | 963 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック