フィギュアマスター963
模型やアクションフィギュアを好きなように語る
ダダ 透明化バージョン 
ダダのSPソフビフィギュア、透明化バージョンです。


クリアホワイト成型のソフビにシルバーの塗装が施されています。
光の当てかた次第で本体は透け、ラインが光ってカッコいい。
CLdagt02.jpg

本来黒い部分はシルバーに、目と唇はパールカラーで塗装されています。
CLdagt03.jpg

透明度を出すためかボディのラインパターンは部分的に塗装。
これがやたらとカッコいい。
CLdagt04.jpg

新金型版ダダとしては3色目のカラーです。
CLdagt06.jpg


それではここでダダのソフビについて、おさらいしてみましょう。
ソフビ本体だけでなく、付属のタグを比較するのも面白い。

まずは最初期の旧金型版ダダソフビ。
シリーズNo.59のダダはラインパターンの塗装に苦労の痕がうかがえる。
ご覧の通り、半面しか塗装されておらず背中は真っ白です。
でもソフビのダダが出たこと自体が快挙でファンは大喜びでした。
CLdagts.jpg

しばらくしてリニューアルされた後期ダダ。
シリーズの仕切り直しでNo.17となって登場。
塗装技術が進歩し、初期版では途切れていたラインパターンが繋がっている。
さらに背面までしっかり塗装されている。
当然ながら初期型を持っているファンも買いまくった。
CLdagts (2)

ウルトラソフビが次々にリアル造形版に移行する中、我らがダダも新規金型に変更された。
シリーズNo.17のままで造形は全くの新規。ラインパターンも本物を完璧再現です。
真っ赤な目に違和感があるもののファンは狂喜乱舞!
かく言う俺も5体くらい買ったし、友人に送りつけたりした(笑)。
CLdagts (3)

ダダといえば気になるのが3面の存在。
困ったことにイベント会場限定という形で発売されたダダB。
これはネットオークションで入手した。
CLdagts (5)

同様にハローマック店舗限定で発売されたダダC。
こちらもネットオークションで入手した。
CLdagts (6)

バンダイ社員の誰かが気付いたのか、カラーリングが修正されたダダA。
目はピンク、唇は褐色になり、純白だった本体は劇中同様やや暗い成型色に変更。
シリーズはまた仕切り直してN0.14となる。初回生産分にはゲーム用のカードも付属した。
CLdagts (4)

そしてこのたび発売されたSP。透明化バージョン。
本体のカッコ良さは良いとして・・・なんだこのふざけたタグは(笑)!
素晴らし過ぎるぜ。
CLdagt05.jpg

ウルトラ怪獣ソフビは数あれど、顔がダイカットされたタグなんて今まであっただろうか?
ダダがいかに特別で人気キャラなのかを象徴しているようだ。
CLdagts (7)
ダッダ~!
スポンサーサイト

テーマ:おもちゃ - ジャンル:サブカル

コメント
この記事へのコメント
おぉ〜っ キタ!
これはカッコいいですね。キレイです。
ウチにあるのは「おさらい」の3つめかな?
「誰か」が送ってくれましたから(爆)
2012/05/29(火) 23:42:07 | URL | カピバラ花子 #-[ 編集]
ダッダ~ン!ボヨヨン、ボヨヨン♪
ダダ総集編だな!(笑)
2012/05/30(水) 00:29:21 | URL | おもちゃのひろくん #-[ 編集]
>カピバラ花子さん
カッコいいでしょう。
そしてタグが素晴らしい!
え?誰かが送りつけたって?
・・・・・・・・・・・俺か(笑)。


>おもちゃのひろくん
懐かしいCMやな(笑)。
ダダソフビ総集編はいつかやりたかったんだよ。
塗装やタグを見較べるのも面白いだろ?
しかし今回のタグは最高だ。
2012/05/30(水) 20:43:03 | URL | FM963 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ダダのSPソフビフィギュア、透明化バージョンです。クリアホワイト成型のソフビにシルバーの塗装が施されています。光の当てかた次第で本体は透け、ラインが光ってカッコいい。本...
2012/05/30(水) 00:19:26) | まとめwoネタ速neo