フィギュアマスター963
模型やアクションフィギュアを好きなように語る
スコープドッグ ターボカスタム サンサ戦仕様 キリコ機 (D-STYLE) 
コトブキヤのプラキット“デフォルメスタイル”。
「装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ」より、
スコープドッグ ターボカスタム サンサ戦仕様 キリコ機です。


多色成型とクリアパーツの使用で、組み立てるだけでも劇中イメージに近い仕上がりになりますが、
今回は成型色を活かし必要最小限の追加塗装と汚し塗装を施して完成させました。
DstcSCp(2).jpg

カメラはシルバーで塗装。
汚し塗装はリアルタッチマーカーのブラウンを使用。
DstcSCp(3).jpg

ヘビィマシンガンのバレルもシルバーで塗装。
選択式の右腕は半壊状態を選択。
DstcSCp(4).jpg

ミッションパックはディテール的にも塗り分け塗装すると引き締まる感じになります。
踵のローラーもグレーで塗装。
DstcSCp(5).jpg

ターレット・レンズ回転と左右スライドが可能。
DstcSCp(6).jpg

バイザー開閉で中にパイロットの顔が見えます。
DstcSCp(7).jpg

コックピット開閉。
パイロットのフィギュアは肌色一色成型なので塗装は必須!
首と両肩は可動。座席はブラウンで塗装し、コックピット内部も汚し塗装。
DstcSCp(8).jpg

パイロットのヘルメットはキリコのヘッドと差し替え式。
可愛いキリコですな(笑)。
DstcSCp(9).jpg

アームパンチ機構を再現。
DstcSCp(10).jpg

ターンピック突出機構も再現。
DstcSCp(11).jpg

ふくらはぎのカバーを開き、ジェットローラーダッシュのパーツを取り付け可能。
DstcSCp(12).jpg

ダウンフォームに変形可能。
なんだか無理のある降着ポーズですが・・・(笑)。
DstcSCp(14).jpg
DstcSCp(15).jpg

以上、可愛いカッコいいスコープドッグでした。
DstcSCp(13).jpg
サイズはアンテナ抜きで約8cm。おすすめです!。
スポンサーサイト

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

コメント
この記事へのコメント
ディフォルメだがいいな!
いろんなギミックが再現できるのもいい!
塗装最小限でも見映えするな!
2014/06/09(月) 00:06:32 | URL | おもちゃのひろくん #-[ 編集]
>おもちゃのひろくん
デフォルメ加減も絶妙だろ?
こんなスタイルなのにスコープドッグに求める全てのギミックが再現出来るのがいい。
塗装しなくてもそれなりに仕上がるけど、
やはり最低でもパイロットとミッションパックとマシンガンとローラーは塗装するべきだよな。
2014/06/10(火) 01:29:40 | URL | FM963 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック