フィギュアマスター963
模型やアクションフィギュアを好きなように語る
週刊スターウォーズ/ミレニアム・ファルコン 1
デアゴスティーニの週刊スターウォーズ ミレニアム・ファルコンが1月5日より創刊!
スターウォーズ/エピソード5「帝国の逆襲」の撮影に使われた模型の1/1レプリカが完成するという。

創刊号は特別価格499円(税込)で、次号から1998円(税込)になり、全100号で完結する。
つまり2年弱で約20万円くらいで完成する、80cm超えの巨大な模型なのです。

薄っぺらい冊子には映画とファルコンの設定や情報が満載。
その奥の箱にパーツが少しだけ入っています。
skFAL1(9).jpg

創刊号に付いてくるパーツ。
skFAL1(11).jpg

まずはコクピットの計器類が見える壁。
左のシールを右のパーツに貼り込みます。
skFAL1(2).jpg

あとでLEDを仕込んで発光させるときパーツの穴の部分だけが光ることで、
計器類が光っているように見える仕組みです。
skFAL1(3).jpg

コクピット床面パーツをセット。
今後この上に椅子なんかが配置されます。
skFAL1(4).jpg

レーザー砲パーツ。
なんとメタルパーツをビスで組み上げます。
skFAL1(5).jpg

組み立ては簡単ですが、ギンギラギンです(笑)。
skFAL1(6).jpg

説明書にはこんな事が書かれています。
skFAL1(8).jpg
・・・つーかさ、これ全塗装が必要やん。メタルを塗装するのはプライマー塗ったり面倒なんだよなぁ~

外装パーツ。
今回は使用しないけど後で取り付けます。
skFAL1(10).jpg
これ、成型色に墨でウォッシングしてるだけやん。
つまりプラ丸出し。それなりにカッコ良く仕上がるかもだけど、
プロップみたいに仕上げるには全塗装が必要だな~。このまま組むか迷う。

大型ポスターも同梱。
skFAL1(14).jpg

完成するモデルと同サイズなのでパーツを確認出来る。
今回のパーツはこの3つ。
skFAL1(12).jpg

裏面はモデル設計図になっています。
skFAL1(1).jpg
週刊だけど第2号は1月19日発売。
先は長いぞ。
スポンサーサイト

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

コメント
この記事へのコメント
おぉ・・同じモノでも他の方の紹介記事みると新鮮さ感じますww^^

ん~ジョーカーよりは短いwww
2016/01/09(土) 21:50:51 | URL | ぽんこ #-[ 編集]
>ぽんこさん
うちはマスターレプリカ持ってないですからね〜(笑)。
これイギリスで先に発売されているのでYouTubeで組み立て動画がかなり見れますよ。
全塗装は無理でも、外観には追加塗装しまくると思います。
2016/01/10(日) 01:10:17 | URL | FM963 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック