フィギュアマスター963
模型やアクションフィギュアを好きなように語る
週刊スターウォーズ/ミレニアム・ファルコン 75
デアゴスティーニの週刊スターウォーズ ミレニアム・ファルコン!
スターウォーズ/エピソード5「帝国の逆襲」の撮影に使われた模型の1/1レプリカが完成するという。
今回は6月13日発売の第75号です。
ファルコン075(1)

冊子とパーツと梱包用ダンボール。
ファルコン075(2)

薄っぺらい冊子にはスターウォーズの情報が満載。
ファルコン075(3)
ファルコン075(4)

今号のパーツ。
しばらくはマンディブルのパーツが続きそうです。
金属フレーム、外殻プレート、穴メカ、ディテールパーツ。
ファルコン075(5)

金属フレームを前号の物と合わせて組み立てます。
ファルコン075(6)
ファルコン075(7)

穴メカにディテールパーツを少しだけ取り付けます。
ファルコン075(8)
ファルコン075(9)

こんな感じになるみたいです。
ファルコン075(10)

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

週刊スターウォーズ/ミレニアム・ファルコン 74
デアゴスティーニの週刊スターウォーズ ミレニアム・ファルコン!
スターウォーズ/エピソード5「帝国の逆襲」の撮影に使われた模型の1/1レプリカが完成するという。
今回は6月6日発売の第74号です。
ファルコン074(1)

冊子とパーツと梱包用ダンボール。
ファルコン074(2)

薄っぺらい冊子にはスターウォーズの情報が満載。
ファルコン074(3)
ファルコン074(4)

今号のパーツは金属フレーム、外殻プレート、穴メカ。
ファルコン074(5)
穴メカと金属フレームはまだ使用せず、今号では外殻プレートのみ使います。

前号から組み始めているクチバシ部分(マンディブルというらしい)に外殻プレートを追加します。
ファルコン074(6)
ファルコン074(7)
今号は、ここまでです。

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

ロート ジープロ スライムボトル
これは目薬です。
ドラゴンクエストノスライムとコラボしている可愛いパッケージ♪。


開封するとゲームイメージの内側。
megSLA(2).jpg

説明書もゲームっぽいデザイン。
megSLA(3).jpg

箱の内側に背景が描かれています。
megSLA(4).jpg

コンタクト用も出ています。
megSLA(9).jpg

こちらは箱の内側にある背景が異なります。
megSLA(10).jpg
megSLA(11).jpg

それとは別に、普通の目薬にスライムケースが付いた限定版もあります。
この青色の他にメタルスライムとスライムベスがラインナップ。
megSLA(5).jpg

このセットの目薬はスライムボトルではなく普通のボトルです。
megSLA(6).jpg
megSLA(7).jpg

もちろんスライムボトルも収納可能です。
megSLA(8).jpg
これは可愛い♪

テーマ:これはいいですw - ジャンル:サブカル

週刊スターウォーズ/ミレニアム・ファルコン 73
デアゴスティーニの週刊スターウォーズ ミレニアム・ファルコン!
スターウォーズ/エピソード5「帝国の逆襲」の撮影に使われた模型の1/1レプリカが完成するという。
今回は5月30日発売の第73号です。
ファルコン073(1)

冊子とパーツと梱包用ダンボール。
ファルコン073(2)

薄っぺらい冊子にはスターウォーズの設定や情報が満載。
ファルコン073(3)
ファルコン073(4)

今号にはモデル設計図2が同梱されています。
ファルコン073(5)

今号のパーツ。
金属フレーム、組み立てジグ、外殻プレートです。
ファルコン073(6)

前号の金属フレームと合わせて組み立てます。
ファルコン073(7)
ファルコン073(8)
ファルコン073(9)

円盤が丸くなったので、クチバシ部分に進んでいきます。
ファルコン073(10)

今回は底面のパーツです。
ファルコン073(11)

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

BATMAN AND PHANTASM (DC Collectible)
バットマン アニメイテッド ムービー 「マスク・オブ・ザ・ファンタズム」より。
バットマンとファンタズムのセットがDCコレクティブルから登場です。


バットマン。
このアニメイテッド・シリーズは当時、ケナーのフィギュアを片っ端から集めました。
今回のフィギュアはアニメのスタイルそのままに可動も多く、遊べる仕様になっています。
MoPbatDCC(3).jpg
MoPbatDCC(4).jpg

多彩なポーズを楽しめます。
MoPbatDCC(5).jpg

バットラングも付属。
MoPbatDCC(6).jpg

この後も何度かアニメ化されているけど、このデザインが好みです。
MoPbatDCC(7).jpg

ファンタズム。
劇中通りのマッチョ体型を再現。これでは正体がまさかあの人だとはわかりません。
当時のフィギュアも持っていましたが変身ギミック付きだったため映画を観る前から正体ばればれ(笑)。
今回のフィギュアに変身ギミックはありません。
MoPbatDCC(8).jpg
MoPbatDCC(9).jpg

こちらも見た目以上に動きます。
フードからマントにかけて軟質素材なので可動を邪魔しないのです。
MoPbatDCC(10).jpg
MoPbatDCC(11).jpg

フードの中で顔の角度は動かせます。
MoPbatDCC(12).jpg

こういうセットは開封してすぐに戦わせて遊べるのが良いね。
MoPbatDCC(13).jpg

最近の日本の可動フィギュアのようなスタンドが付属。
台の部分がアニメの動画用紙のデザインになっているのが面白い。
MoPbatDCC(2).jpg

スタンドを使えば不安定なポーズでも飾れます。
MoPbatDCC(14).jpg
これを乗せるバットモービルも出ているんだとか・・・。

テーマ:TOY - ジャンル:サブカル